Home » 債務整理 » 任意整理はよく債務整理というふうにも言われておりおのおのの貸方に債務の返済を継続

任意整理はよく債務整理というふうにも言われておりおのおのの貸方に債務の返済を継続

任意整理はよく債務整理というふうにも言われておりおのおのの貸方に債務の返済を継続していくことを選ぶ借金整理の選択なのです。

具体的な流れですが司法書士事務所や弁護士の資格を持つもの債権を持つものとあなたの中に入って相談し、利息制限法に従って利息の再適用を実行して再計算した元金にかかってくる借入金利をカットしたことで3年前後の期日をめどに返済を行う債務整理計画です。

任意整理には各裁判所などといった国の機関が関係することがないためそのほかの手続きと比較した場合採用した場合の不利な点が小さく、手順自体が債務者にとってあまり頭の痛い問題になりませんので、真っ先に選択するようお勧めする方法でもあります。

さらには、債権者がサラリーマン金融のように高い借入金利の際には利息を制限した法律が許す金利をゆうに超えて振り込んだ金利分にあたっては借入金の元金に充当できるとみなされ元金それ自体を少なくしてしまうこともできてしまいます。

ヤミ金業者といったようなとても高い金利を取る業者へ長い間返済を続けているケースではかなりの利息分を減らすことができるようなこともありますし、10年近く返している例では負債そのものが消滅してしまうようなこともあります。

任意による整理のポイントについてですが、自己破産手続きとは違い一部分の負債のみをまとめていくことが可能ですので保証人が関連する借入金を除き手続きをしていく際や住宅ローンの分以外だけを整理する場合などにおいてでも活用することが可能になりますし、財産を放棄してしまうことが求められていないため、株式や有価証券財産を持っているものの、手放してしまいたくない状況であっても選択肢になる借金整理の方法になるでしょう。

いっぽうで、これから返済する額と実際に可能な手取り額をかんがみて妥当な範囲で返済の計画が立つようなら任意整理の処理を進めることは可能ですが破産手続きとは違って借金そのものがなくなるということではないため、負債の総額が巨額なような場合は残念ながら任意整理にての手続きを実行するのは困難になると考えるのが無難でしょう。