Home » 任意整理 » 民事再生という手段は住宅のためのローンも含む多重の債務に苦しむ個人を対象とした、

民事再生という手段は住宅のためのローンも含む多重の債務に苦しむ個人を対象とした、

民事再生という手段は住宅のためのローンも含む多重の債務に苦しむ個人を対象とした、住んでいる家を維持しつつも金銭管理の面でやり直すための公の機関を通した借金整理の手段として平成12年11月にスタートした法律です。  
民事再生は、破産手続きみたいに免責不許可となる要件はないために、ギャンブルなどで借金をしたのであっても民事再生は問題ありませんし破産宣告をすると業務禁止になるような免許で生計を立てている人でも手続きが検討できます。  

自己破産制度では、マイホームを保有したままにすることはできませんし、その他の債務処理では借金した元金は戻していかなくてはなりませんので、マンション等のローンも返しながら返していくことは現実問題として困難だと思われます。  しかしながら、民事再生という手順を取ることができれば、住宅ローン等を別とした借り入れについては多くのお金を減額することができますので余裕を持ちながら住宅のためのローンを払い続けながら他の負債を返済し続けることができるというわけです。  

民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった手続きとは異なって一部の負債だけを省いて手続きをすることは許されていませんし、破産申請の際のように負債そのものが消えるのではありません。  
さらには、それ以外の整理方法と比較しても処理がこみいっていて時間もかかりますので、住宅ローン等を組んでいて住んでいるマンションを維持していきたい状況などを除き、破産宣告などのそれ以外の方法がない際の限定的な方法と考えるのがいいと思います。