Home » 債務整理 » 民事再生という選択は住宅のローンがある多重債務の問題に苦しんでいる債務者のために

民事再生という選択は住宅のローンがある多重債務の問題に苦しんでいる債務者のために

民事再生という選択は住宅のローンがある多重債務の問題に苦しんでいる債務者のために、マイホームを手放さずに経済面で立ち直るための法的機関を通した借金整理の道として平成12年11月に利用できるようになった選択肢です。

自己破産のように免責不許可となる要件はありませんので競馬などで借金がふくらんだ場合でも手続きは取れますし破産申請が理由で業務ができなくなる立場で働いている人でも手続きが検討可能です。

破産の場合だと、住んでいるマンションを対象外にすることは考えられませんし他の債務処理方法では、元金そのものは返していくことが求められますので住宅のローンも返しながら返していくのは多くの場合は難しいと思われます。

でも、民事再生という方法を採用できれば住宅ローン等を除いた借入は少なくないものを減ずることも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローンなどを払い続けながら借り入れ分を支払い続けるようなことができるというわけです。

ただし、民事再生という選択肢は任意整理による手続きまたは特定調停と異なりある部分のみの負債だけを切り取って処理を行うことは不可能ですし、破産申告のように借金が帳消しになるということでもありません。

さらには、別の解決手順と比較して手続きが簡単には進まず負担もかかりますので、マンション等のローンが残っていて住居を維持したい状況等を除き自己破産などそれ以外の方法がとれない際の最後に考える処理と判断しておくのがいいでしょう。