Home » 任意整理 » 特定調停という手段も任意整理とほぼ同じく、おのおののお金の貸し手に対しての支払い

特定調停という手段も任意整理とほぼ同じく、おのおののお金の貸し手に対しての支払い

特定調停という手段も任意整理とほぼ同じく、おのおののお金の貸し手に対しての支払いを続けていくことを選択した債務の整理の選択のことです。

分かりやすく説明すると裁判所が行う借金の整理といえます。

特定調停も任意整理による解決と同じように破産とは異なり一定のお金のみをまとめることが可能ですので他の保証人が付く契約以外だけを整理をしたい際や住宅ローンを除いて整理をしたい場合なども申請することができますし全ての財産を放棄することが求められていないため、株式や有価証券自分の資産を所有していて放棄したくない状況であっても選択肢になる借金整理の方法となっています。

ただし、後々返済する額と現実として可能な手取り額を比較して適切に返済の計画が立つようなら特定調停の方法を選択するほうが良いですが破産申告のように返済義務自体がクリアになるわけではありませんのでお金の額が大きい場合には実際にこの方法での手続きを踏むのは困難であると判断することになるでしょう。

あと、特定調停は司法機関が介在しますので司法書士等に頼まなくても不利になってしまうようなことはないことや解決のためのお金を低くおさえられるという利点がありますが、貸方からのわずらわしい取り立てに対し債務者本人が説明していくことになる点や、文字通り裁判所に顔を出すことが必要になるなどの覚えておきたい点もあります。

任意整理による手続きと比較するとこの方法で同意が得られないような際は年利をそのまま付けた計算で渡していかなければいけないということや貸し手に対し返す金額が任意整理による手続きの場合と比べて高くなってしまう傾向がみられるというデメリットもあります。